横浜地産地消フォーラム2008

b0083431_9503662.jpg

日本にスローフードを紹介した島村奈津さんの講演会に行ってきました。
スローフードの言葉の意味って何だろう。。。

スローフードという言葉は、イタリアローマでマクドナルドが進出した時に、町の住人たちがファーストフードに疑問を持ち、ファーストフードの逆の状況にある食べ物というのが語源だそうです。
しかし、ただ単に対象的ということだけではなく、色々な意味が込められているのです。
食を通じ旬を知り、地域の伝統的な食材や料理を守る、いわゆる生産者を支えるということなのです。。

この料理はどこで生まれたんだろう、この食材はどこで育てられたんだろう、そんな疑問を持ち、料理しながら勉強することは、日々生活をするうえで大切なことかもしれませんね。

こういった講演会に参加させて頂くのは初めてのことでした。
その分野で活躍する方々のお話を聞きことは、自分自身も向上につながります。
日本とイタリアの食文化の違いのお話は、確かに日本人ってそうだな、なるほどと思うことが多かったです。
大変勉強になりました。




b0083431_14563387.jpg

日本大通りの催しで、色々な農産物が直売されていました。
麦師は箱根にあるパン屋さんで、ブノワトンの系列です。
ハード系パンのモチモチ感は、ブノワトンに似ていて美味しかったです。。

バジルの葉とにんにくを買ったのでバジルペーストを作りました。
材料:バジル50g、オリーブオイル150ml、塩小さじ1、胡桃大さじ3、にんにく1かけ
松の実は常備していないので、胡桃をローストして使います。
パルミジャーノは時間が経つと香りが逃げてしまうので、入れないで都度削っています。
野菜に添えて頂きました。
b0083431_14565758.jpg

この日、夫は後輩の結婚式2次会だっので一人ご飯でした。
夫がいないとある意味スロー。。
食材は全て地場のものです。
ゆっくり時間をかけながらいただき、地域で作られたものを消費する。
スローフードで始まり、スローフードで終わった1日でした^^
[PR]
by happyuyu | 2008-11-07 11:02 | おでかけ